バス釣り用語集

 

バス釣りの用語の解説と紹介

バス釣りには様々な用語があります。

 

50音順にまとめて解説。

 

ア行

 

・アウトレット・

湖から川への流れ出しのこと。逆に流れ込みは「インレット」

 

・アキュラシーキャスト・

狙ったポイントに正確にキャストをすること。アキュラシー=正確さ

 

・アクション・

ロッドの動きやリールの巻きでルアーに与える動きのこと。またはロッドのしなり具合や硬さ。

 

・アゲインストウインド・

向かい風のこと。追い風は「フォローウインド」

 

・アプローチ・

魚のいるポイントに近づくこと。

 

・イレギュラーアクション・

ルアーが起こす突然の変則的な動き。意図的に操作する場合もある。

 

・インビジブルカバー・

水中の岩や、藻などのストラクチャーの中でも、水面上から見えないもののこと。

 

・インレット・

湖や池への流れ込みのこと。流れ出しは「アウトレット」

 

・ウィードパッチ・

ぽつぽつと、まばらに生えたウィードのこと。

 

・ウィードベッド・

水中にウィードがびっしり生えてベッド状になっているところ。

 

・ウィードホール・

水面まで伸びて密生している藻や、水面に浮かぶハスなどの間にぽっかりできた穴のような部分。ウィードポケットともいう。

 

・ウィードレスタイプ・

藻が絡まないようにフックにピアノ線などが取り付けられているもの。ジグヘッドやラバージグに多い。

 

・ウィグリングアクション・

ミノー、クランクベイトにみられるアクションのひとつ、ボディーの中心近くを支点として、回転するような動き。

 

・ウィンディサイド・

風の当たる側。

 

・ウェッピング・

ルアーを高く投げて丈の高い水生生物の向こう側に送り込むテクニック。重量があってウィードレス性能の高いルアーを使用するのが普通。

 

・ウォブリングアクション・

ミノー、クランクベイトに見られるアクション、ボディーが早く左右にふれるアクション

 

・馬の背・

島や、岬の延長線上の水中が突起状に盛り上がった地形のこと。

 

・エッジ・

端、隅のこと。

 

・エリ・

琵琶湖、霞ヶ浦などで見られる、竹などのクイを並べて魚を魚網に誘導するための漁師の仕掛け。

 

・オーバーバンク・

樹木などが水面にせり出している状態。

 

・オープンウォータ・

水面に障害物の無い水域のこと

 

・オフセットフック・

アイに近い部分がクランク状に曲がっているワーム用フック。ずれにくく、ウィードレス効果も。

 

 

カ行

 

・カバー・

バスが身を隠せる障害物の総称、水面上に出ているアシや水草を一般的にはよぶ。

 

・グラスヘッド・

アシなどが密生しているところ。

 

・グラビンバズ・

グラブのテールを水面でピタピタとたたくようにリトリーブするテクニック。

 

・ケイプ・

湖や、大きな池の岬

 

・ゲイプ・

フックの軸とポイントの間隔のこと。

 

サ行

 

・サーモクライン・

夏季、表層の水温が上昇したときにできるその下の冷たい層との境目のこと。

 

・サイトフィッシング・

いわゆる「見釣り」見える魚はつりにくい、といわれているが魚の反応が見る事ができる面白さがある。

 

・サスペンド・

魚が動き回らずに、中層にとどまっている状態。水中に静止するタイプのルアーのことを「サスペンド(SP)」タイプという。

 

・サブサーフェス・

水面直下のこと。

 

・サミング・

ベイトリールでキャストから着水までの間に親指でスプールの回転を調節すること。ライントラブルを防ぐためには必要な技術。

 

・サンクチュアリ・

バスが群れをなして休息する隠れ家的エリア。深場にあることが多い。

 

・サンドバー・

水の流れで運ばれてきた砂でできた水中の盛り上がり。

 

・シェード・

日陰、光が嫌いなバスはもの陰に隠れようとするので好む。

 

・ジャーク・

ロッドを強く大きくあおってルアーに与えるアクションのテクニック。

 

・シャロー・

水深の浅いエリアのこと。

 

・ショートバイト・

アタリがあってもすぐにルアーを話してしまうような食い方。

 

・ショアライン・

岸側のこと。岸釣りは「ショアフィッシング」ボートなどの沖釣りは「オフショアフィッシング」という。

 

・ショルダー・

急にかけ上がりが落ち込む部分のこと。

 

・スウィープ・

ロッドをゆっくり、大きくさばいてあわせる方法。

 

・スキッピング・

水切りのように、低い弾道でキャストしたルアーをバウンドさせ、キャストするテクニック。

 

・ステインウォーター・

やや濁り気味の水質のこと。

 

・ストラクチャー・

桟橋、立ち木、岩などの障害物。バスの着き場となりやすい。

 

・ストローク・

ロッドのふり幅。また、一回のロッド操作でのルアーが移動する距離。

 

・スパイラルフォール・

らせん状の軌道を描いて沈むこと。

 

・スポーニング・

産卵のこと。産卵前は「プリスポーン」産卵後は「アフタースポーン」という。

 

・スポット・

バスのいる範囲。「エリア>>ポイント>>スポット>>ピンスポット」

 

・スレ・

釣り人が多く、ルアーを見慣れたりして、魚がつりにくい状況にあること。

 

 

タ行

 

・ダートアクション・

ルアーが左右や上下に急激にコースを変えるアクションのこと。

 

・タイト・

ルアーを通すコースをストラクチャーぎりぎりに設定すること、バスがストラクチャーにぴったり付いている状態。

 

・タフコンディション・

魚の活性が低下し釣りにくくなっている状態のこと。

 

・チェイス・

魚がルアーを追うこと。

 

・テーパー・

ロッドの曲がり具合(調子)のこと。

 

・ディープハング・

深場にある岩の出っ張りなどの引っかかり。

 

・デッドスロー・

ルアーを引くスピードが非常にゆっくりであること。

 

・テンション・

ラインが張っている状態、ラインを張ること。

 

・トゥイッチング・

上下、左右にロッドを小刻みに動かし、ルアーに与えるアクション、テクニック。

 

・ドッグウォーク・

ペンシルベイトなどを、左右に振らせながら引いてくるテクニックのこと。

 

・トレース・

湖底やストラクチャー、一定の水深をなぞるように引いてくること。

 

 

ナ行

 

・ナーバス・

釣り人の多さや、産卵などのためにバスが神経質になっていること。

 

・ナチュラルレイク・

琵琶湖や河口湖のような自然湖のこと。

 

・ニーリング・

クランクベイトなどをより深く潜らせるために、ひざを着いてロッドのティップを水面に入れてリトリーブすること。

 

・ネスト・

バスのスポーニングベッド、産卵床のこと。

 

・ノット・

ラインの結び方、結び目のこと。

 

 

ハ行

 

・バーチカル・

「垂直の」という意味。垂直に立った橋脚などのストラクチャーを表現するときや、ボートからジグなどを真下にフォールさせ上下に動かして釣ることなどをいう。

 

・バーブレス・

フックの返しがないこと。魚に与えるダメージを小さくしたい時などに使用する。

 

・パーミング・

ベイトタックルで、リトリーブの際にリールを手のひらで包み込むようにして握る方法。

 

・ハイランドレイク・

標高の高い場所にある湖。

 

・パイロットルアー・

魚がどこにいるかを探る為に選ぶルアーのこと。

 

・バジング・

水面をぺラでかき回して引くバズベイトのように、ブレードが水面から出るようにスピナーベイトを引くテクニック。

 

・パターン・

季節や、フィールドの違い、バスの状況に応じてポイントやルアー、釣り方を決めるという考え方。

 

・バット・

ロッドのグリップに近い部分

 

・ハング・

湖底にある岩の出っ張りなど根がかりの原因になるもの

 

・ハングアップ・

根がかり

 

・ハングアップオフ・

根がかりしたルアーをはずすこと。外れた瞬間にバランスを崩したルアーの動き。

 

・ピックアップ・

次のキャストに移るためにルアーを水から引き上げること。

 

・ピッチング・

ルアーのキャストのテクニック、比較的近くに正確にキャストしたいときに用いる。

 

・ファストテーパー・

ロッドの曲がりのピークが先端部分にある、先調子。

 

・フィーディング・

魚がエサを取ること、エサを取る場所は「フィーディングエリア」という。

 

・フィッシュイーター・

ブラックバスやライギョなど、魚をえさにする魚のこと。魚食魚。

 

・フィネスフィッシング・

小さなルアーでスレた魚を釣る、繊細な釣り。

 

・ブッシュ・

岸辺でよく見られる、アシや小さな立ち木などが水面に出ているところ。

 

・フリッピング・

ルアーのキャストテクニック、ぎりぎりまでポイントに近づき、静かに正確にルアーをキャストするのに有効

 

・プレッシャー・

多くの釣り美とが何度もルアーを投げることにより、魚に与えるストレスのこと。プレッシャーを与えると魚が警戒心を強め、つりにくくなる

 

・ぺギング・

テキサスリグで、シンカーをペグで固定すること。爪楊枝で代用可能。

 

・ヘビーカバー・

水生植物等が、隙間なく水面を覆いつくしているような状況。

 

・ベリー・

魚やルアーの膨らんだ同の部分。また、ロッドの中ほどの部分。

 

・ボイル・

小魚の群れを捕食する魚や、追われる魚で水面がボコボコと盛り上がったり、バシャバシャとなっている状況。

 

・ポケット・

水面まで伸びたウィードや水面を覆ったハスなどの間に、ぽっかりとあいた穴のような部分

 

・ボトムコンタクト・

ルアーが水底に当たること。

 

・ボトムトレース・

水底にそってルアーを引くこと。

 

・ボトムノッキング・

クランクベイトのリップをボトムにコンコンと当てること。

 

・ボトムパンピング・

水底のルアーを持ち上げては落とし、ピョンピョンと飛び跳ねているように操作すること。

 

・ポンドテスト・

ラインの強度表示。表示以上の力が加わったら切れるという、限界を示す。日本製のラインには太さを表す号数が表示してあることが多い。

 

・ポンピング・

リーリングだけで魚を引き寄せられない時に、ロッドを持ち上げて魚を引き寄せ、戻すときにリールを巻く、コレを繰り返し魚を寄せる方法。

 

マ行

 

・マイグレーション・

魚が移動すること、回遊。

 

・マッチ・ザベイト・

魚がそのとき捕食しているエサにあわせたルアーを選択すること。

 

・マッディーウォーター・

濁っている水。

 

・メソッド・

魚を釣るための方法。

 

 

ヤ行

 

 

 

ラ行

 

・ライズ・

魚が水面に浮いているエサ等を捕食したときにできる水の波紋や水しぶき。

 

・ラインスラック・

ラインのたるみ

 

・ラン&ガン・

次々と移動して、多くのポイントをスピーディーに攻めて行く釣り方。

 

・ランディングポジション・

釣った魚を取り込む場所。

 

・リーズ・

アシのこと

 

・リアクションバイト・

魚が反射的にルアーに食いつくこと。

 

・リグ・

ワームの仕掛けのこと。

 

・リザーバー・

川を人工的にせき止めて作った人造湖。

 

・リフト&フォール・

ロッドを上下してルアーを持ち上げては落とす、アクションテクニック。

 

・レンジ・

ある水深の層「シャローレンジ」「ディープレンジ」など

 

・ローテーション・

自然条件や、バスの反応を見てルアーの種類やサイズ、カラーを変えること

 

 

 

ワ行

 

・ワンド・

湖岸線や川岸の地形が、入り江状に奥まっているところ

 

 

応援宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓


バス釣りランキング

人気記事
Dailyランキング
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ