夏のバス釣り攻略!! ルアーはどうやって選ぶ?

みなさんは「夏のバス釣り」ルアーはどうやって選びますか?

 

夏はやはりトップウォーター系のルアーが有力??

 

 

梅雨の季節が終わると夏本番!!

 

 

 

バス釣りのハイシーズン真っ盛りとなりますのでフィッシングプレッシャーは高まりますがこれさえ知っておけば大丈夫です!!

 

基本的な夏の釣り方を理解して回りとの釣果に差をつけよう!!

 

夏のバス釣りおすすめの時間帯は?

 

基本的にバス釣りに関してはどの時間にルアーを投げても釣果にはつながるものなのですが。

 

中でもオススメな時間帯を私の経験と、一般的な解説付きでお伝えしていきます。

 

朝マズメ

やはり夏でも朝マズメは鉄板の時間帯!!

 

 

なかでも

一番チャンスの時間は

 

日の出の前後30分

 

ブラックバスの「活性が最も上がる」時間帯となります、

 

この時間帯、

活性が高い日だとブラックバスがベイトを追い回して水面でライズしているのを良く見ることができます。

 

と、なるとやはり使用したいルアーはベイトに似ている

 

・ミノー系

・トップ系

 

のハードルアーで広範囲を一気に探るのがいいですね。

 

 

今日はブラックバスがベイトを追いかけている感じも無くライズも無くて活性がいまいちかなー、なんて日には

 

・ワーム(ノーシンカー)

 

でフォールさせたりしてみるのが良いでしょう。

私はグラブをノーシンカーで表層をぴろぴろと巻いてくる

 

グラビンバズを多用します。

これが思いのほか釣果が上がることが経験上多いですね。

 

夕マズメ

 

たまずめ

 

では無く

 

夕方になり夕焼けの出る時間帯

 

夕マズメです

この時間帯になると涼しくなってきて、ブラックバスの活性は上がり活発になりますので。

 

朝マズメ同様の釣りをすればこれまた間違いありませんね。

 

 

夜釣り

 

夏のバスフィッシングでは夜釣りもかなりおすすめです。

日中、日差しを浴びて汗だくになりたくない方にはいいんじゃないでしょうか?

 

ブラックバスも人間と同じく、昼間は暑いので動きたくないのでしょうか、

 

それと、夏の夜釣りでは水深の浅い場所を狙うほうが釣果が上がることが多いですね。

 

夜は釣りをする人も比較的少ないのでプレッシャーが低く、でかバスもかかってくることが多いですよ!!

 

※灯りが無い場所での釣りは非常に危険です

間違えて転落したりしないように気をつけてくださいね。




 

夏のバス釣りおすすめのエリアは?

 

夏のブラックバスはどこにいるの?

 

夏は気温も暑く日差しで水温も上昇します。

 

そんな時、人間とおなじくブラックバスは涼しいところに移動していきます。

 

具体的に場所と攻め方の説明をしていきますね。

 

インレット(流れ込み)

 

夏のバスフィッシングの定番ポイント!!

 

インレットは水が流れ込んでいる場所なので、水温が他のポイントに比べて低くなるってわけ、

それに加え、水中の酸素量も多くエサとなる小魚なども集まってきます。

 

ブラックバスにとってはとても居心地のいい場所でしょう。

 

インレットに集まるブラックバスは活性が高めなことが多く、

 

・ミノー系

・シャッド系

 

で喰わせちゃおう!!

 

朝マズメ、夕マズメてはトップウォーターで!!

 

バズベイトなんかも、とても面白いですよ!!

 

シェード(日陰)

 

オーバーハングしたカバーの下、桟橋などの下

とにかく日陰になっている場所を狙うのは夏のバスフィッシングの基本の立ち回り。

 

ルアーはポイントにあったものを選べば問題なし!!

 

 

 

水中のみに存在する日陰

 

隠れシェードがあることも理解しておけば回りに差をつけることができるかも!!

 

アシ、カバー奥

 

攻めるタックルは限られてしまいますが、日差しを遮るアシの奥はブラックバスの隠れ家になっていることが多いです。

 

私が良くやるのはアシのなかに

 

・フロッグ系

 

のルアーを投げ入れて誘う。

かかったら少々強引に一気に引き出してくる。

 

なのでカバーの中から一気に引き出してくるためのパワーのあるタックルで攻める事が必須となります。

 

ラインはフロロカーボン16~20ポンド

ロッドはヘビークラス

 

このぐらいは必要でしょうか。

たまにライギョも釣れたりしますので、、パワーのあるタックルは必要ですね、、

 

 

夏のバス釣りでラッキーな天候

 

2~3日照りこみが続いた後にふたたび前線が活発になり始めてくもり空になったときなんかは

 

ラッキーチャンス

 

さらに

 

小雨なんかで太陽が遮られるような状況になれば、

連日続いた暑さから開放されたブラックバスたちが食いにはしります。

 

一日中トップウォーターで入れ食い!!

なんて経験も何度もあります。

 

 

ある程度の釣果が見込める天候

 

とくに小雨程度ならレインウェア着て釣りをしてもいいでしょう。

 

※夏でも雨の日は意外と寒くなったりしますのでレインウェアはとても大切ですよ!!

 

 

夏のバス釣り攻略まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

夏のバス釣りは攻略のポイントさえつかんでしまえば単純でもあります。

 

熱中症に注意!!

こまめな水分補給には気をつけて!!

 

 

 

 

最後にちょこっと

 

夏のバス釣りには見えバスもよく出できます。

そんな見えバスには

 

・虫系

 

のワームがこれでもかってくらいに有効だったりしますので、一度おためしあれ。

 

 

 

 

では!よいバスフィッシングを!!

 

 

 

オススメライン

バス釣りでオススメのライン選び

 

ロッドの選び方まとめ

バス釣り初心者のロッド選びのすすめ

 

 

タグ: 

カテゴリ:ハウツー  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

応援宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓


バス釣りランキング

人気記事
Dailyランキング
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ