13フィッシングのオリジンCのスペックなど

ココで紹介するのは13フィッシングのオリジンCです。

 

13フィッシングが気になるあなたにこのオリジンCの魅力などをお伝えしていけたらとおもいます。

 

 

 

 

13フィッシング オリジンC 【13 Fishing Origin-C】

 

ではコスメを見ていこう

 

 

 

 

どや!!

かっこええやろー!!

 

このオリジンCは白のボディーに黒のハンドル周り。

この色使いはたとえるなら「クッキークリーム」ですね。

 

 

 

 

 

そういえば日本のリールって白のボディは無いような気がします、、

 

 

 

見た目から出てくる高級感の問題でしょうか、、

 

黒=高級

シルバー、ゴールド=高価

 

 

大阪のタクシーが黒色が多いのは大阪の人は黒に高級感を感じる人が多く

ハイヤー的な高級感があってなんたらかんたらというのを聞いたことがあるような、、

 

色が日本人にもたらす心理的な何かがあるのでしょう、、

 

 

 

白のリールってかっこいいのになー、、

 

13フィッシング オリジンCのスペック

 

 

では次にスペックをチェックしていこう。

 

【13 Fishing Origin-C】
 ハンドル  Right  or  Left
 ギア比 6.6:1  or  8.1:1
 自重 7.4oz (約210g)
 ベアリング数 2+4+1
 糸巻き量 12lb 135yd

オリジンCは

オリジンAの上位機種となっており、

 

 

ドラグ性能はもちろん、

ベアリングの性能が良くなっております。

 

 

そしてボディの素材がアルミとなっており、そのおかげで自重は0.2ozほど重くなっていますが、剛性と巻き心地はアップといったところでしょう。

 

 

 

オリジンAはココで紹介しています↓↓

⇒13フィッシングのオリジンAのスペックなど

 

 

 

 

13フィッシング オリジンCの特徴

 

では次に特徴をみていこう。っとその前にこいつをチェック

 

 

 

私は中学英語とまりでなので英語がチンプンカンプン!!

でも雰囲気はつかめます笑

 

 

ではオリジンCの特徴です。

 

 

・アローヘッドラインガイド

 

13フィッシングのベイトリールのレベルワインドのガイドにはこのラインガイドが装着されている。

アローヘッドと呼ばれるガイド穴でラインとの干渉を極力減らし、飛距離を出せるしくみだ。

 

・アルミニウムフレーム

 

オリジンCはアルミニウムボディなので剛性やリトリーブ感はしっかりとしている。

マットな質感のカラーリングのおかげでパーミングもしやすくなっている。

 

・ソフトタッチノブ

 

つまみやすいハンドルノブがさらに巻きの釣りを楽しいものにしてくれるでしょう。

 

 

・インテグレイテッドフックキーパー

 

ベイトリール使用時はサムレスト部分にルアーのフックを引っ掛ける事がよくありますがこのオリジンCには標準でフックキーパーが付いています。

 

 

・6段階の遠心ブレーキ

 

簡単に6段階の調整が出来るブレーキシステムとなっておりらくらく設定。

 

・日本製ハマイカットギア

 

リールの内部、精密な部分のギアにはジャパンクオリティのハマイカットギアが採用されている。

 

 

 

 

13フィッシング オリジンCでオシャレに釣りを!

 

白には清潔でさわやかなイメージがありますね!!

 

さわやかなファッションアイテムを好むアングラーにおすすめしたい。

釣りガールにも使って欲しいなー

 

 

윤프로님🍀さん(@angler_yun)がシェアした投稿 -

🍃🌺NATSUMI🌺🍃さん(@natsumy56)がシェアした投稿 -

13フィッシング オリジンCの購入方法

 

 

日本未上陸のこのアイテムは国内の釣具屋ではまだ購入することが出来ないでしょうから、海外ネットショップからの個人輸入、

 

 

もしくは海外リールを専門で扱うネットショップなどで購入するのが良いでしょう。

 

 

 

13フィッシングのリールラインナップはココでチェック!

⇒13フィッシングのリールがかっこいいのでまとめてみた

 

 

この記事で紹介したアイテム

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

応援宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓


バス釣りランキング

人気記事
Dailyランキング
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ