バス釣りマンガをまとめてみた。読むと釣りに行きたくなるよー!

 

釣りを題材にしたマンガは数多くあるのですが

今回はその中でも【バス釣り】バスフィッシングを題材にしたものをメインでまとめています。

 

 

思わず懐かしくなって「大人買い」してしまうかも。

 

 

 

 

 

30代の管理人にとっては少年の頃の楽しみといえばやっぱり「マンガ」

ほんと飽きずに何回も、何回もよみかえしてましたねー。

 

 

漫画がきっかけで釣りをはじめたんやー

って方もいるのでは無いでしょうか?

 

 

 

では

「バス釣り」を題材にした漫画を紹介していこう。

 

 

スーパーフィッシング グランダー武蔵

 

 

 

 

もはや説明不要のスーパーフィッシング グランダー武蔵

このマンガは1996年から2000年までコロコロで連載されたマンガ。

 

アニメにもなっており、当時のバス釣り少年達を夢中にさせた大ヒット作品。

 

 

少年が大好きな【バトル要素】の多い作品であり、当時の少年達は皆が主人公の「武蔵」のようにスパイラルキャストが出来るようになりたいと思っていたはず。

 

 

 

さらに

このグランダー武蔵といえば外してはいけないのがこのキャラクター。

 

 

 

 

ミラクル・ジム  (村田 基)

 

出典 https://middle-edge.jp

 

 

なぜ「ジム」の愛称で親しまれているのでしょうか!?

 

 

村田 基

ハジメ

ハァジムゥ

ジメゥ

ジム!!

 

とか自分で考えてたら、すげー気になって調べてみた。

 

 

 

ジムという名の由来は

 

HAJIME

 

と、ローマ字にした時に真ん中にJIMが入っているので、

そうしたとご本人が話されていたようです、、、笑

 

 

 

グランダー武蔵 合言葉は フィーーシュ!!

 

出典 https://middle-edge.jp

 

 

これ絶対!!

アタリがあったらフッキング時には

 

 

フィーーシュ!!

 

 

フィールドでコレが聞こえたら

その人はこのマンガのファンです。

 

 

 

 

フッキングはコツが大事

⇒バス釣りで上手くフッキングするコツと基本のフッキング

 

 

 

Mr.釣りどれん

 

 

 

Mr.釣りどれんはバス釣りブームの

1996年から2002年月刊マガジンで連載されていた。

 

このマンガはパロディー要素の強いマンガで。

主人公の「日和 湖一(ひわ こういち)」がバスケット部に入部するはずが

 

BASSGET(バスゲット)部に入部してしまう、

 

しかしすぐさまバス釣りの魅力に目覚めていく、といったストーリー。

 

 

比較的、ブラックバスの生態やバス釣りテクニックの解説も多く。

参考にしていた少年も多いでしょう。

 

 

 

 

というか、今読み返しても勉強になるかも知れない。

 

 

 

 

Mr.釣りどれん といえばこれ

 

 

このマンガでは44cm以上のバスは

ランディーBASSと呼ばれる。

 

 

 

私もランディーバス!と呼ぶことに決めた時期がある。

 

 

 

 

こんな投稿をSNSで見かけたらこのマンガのファンでしょう。

 

 

釣りに行こうよ!

 

 

釣りにいこうよ!は

1996年第42号から1997年第7号の「週刊少年マガジン」で連載されていたバス釣りマンガ。

 

チャラくてナンパする日々を送っていた高校生の「立浪飛浪」

 

ルアーショップで見かけた美少女に一目ぼれしたことをきっかけに

バス釣りへとはまっていく。

 

このマンガはバス釣りももちろんですが、恋愛要素もあり。

 

 

 

バス釣りと恋愛要素のバランスがバッチリ。

サクッと読めちゃいます。

 

 

釣りに行こうよ! 釣りヒロイン登場!

 

このマンガには釣り好きの女の子が登場します。

 

 

これがまたかわいいんやー、、

元祖釣りガール

 

 

私の中での釣りガールは

ずっとこの子が一番です。

 

 

 

なんて事を言ってみる。

 

 

 

バス・ハンター渡

 

 

 

 

 

 

バス・ハンター渡

週刊少年チャンピオンにて1987年から1989年まで連載されていたマンガです。

 

ある日フナを釣っていた主人公の「米国 渡(よなぐに わたる)」が釣り上げたフナを何者か巨大な魚にに飲み込まれていった。

 

偶然にも叔父がバスプロということもあり、

それがブラックバスだと知り、バス釣りに興味をもつ。

 

このマンガはバス釣りの細かなテクニックが描かれているのでとても参考になる。

バス釣りの本場アメリカのことにもふれられているので

 

 

 

最終的に主人公は

 

米国 渡

 

です。

 

 

バス・ハンター渡 印象的なポイント

 

このマンガは原作が日本初のバスプロ

 

「吉田幸二」さんがされており。

 

 

主人公のとの対決に「田辺哲男」が出てきます。

 

 

 

実際に知ってる人物が出てくるマンガって

面白そうでしょ?

 

ルアーやワーム、リグの使い方なども細かく描かれています。

 

 

 

バス釣りマンガ、やっぱり読むと釣りに行きたくなるよー!

 

 

 

そんなわけ無いやんけー!!

ムリムリそんなん!!

 

 

ってなるような展開や、現象もマンガならではの楽しみ。

 

 

 

それと

この時代のバス釣りブームの時には基本すべて

 

キャッチアンドリリース

 

がバス釣りのテーマというか基本でしたもんね。

バスを水槽で飼ってみる子供もいたのでは??

 

 

 

こういった描写のある紹介したマンガは現在のブラックバスの外来生物法などの問題で、

まず100パーセントアニメでの再放送などは無いでしょう。

 

 

 

 

見えないとこでこっそりとリリース、、、、

 

 

おっと、誰か来たようだわ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

さて

たまにはゆっくりと「漫画」を読む時間を作ってみてもいいかもしれませんよ!!

 

 

しかし、じっとしていられなくなってバス釣りに出かけてしまうかも。

 

 

番外編 釣りチチ渚

 

 

 

 

釣り×萌え

で人気のこのアニメ。

 

 

なんと痛ルアーも販売されている。

そのルアーはなんと

 

 

ジョイクロやで!!

出典 http://www.bassingshop.com

 

 

 

 

タグ:

カテゴリ:ハウツー  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

応援宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓


バス釣りランキング

人気記事
Dailyランキング
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ