ラバージグのトレーラー選びや、おすすめセッティング!!

ラバージグはとても釣れるルアーの1つ。

 

特に冬のディープな釣りにバチッッと決まると嬉しいですね。

今回はラバージグにスポットを当ててみよう。

 

 

トレーラーの付け方や、オススメなども紹介していくので参考にどうぞ!!

 

 

 

ラバージグとは

 

ラバージグはバス釣りには欠かせないルアーの1つなんです。

 

形状は、ジグヘッドにラバースカートといわれる細いゴムひもなどがついている。

 

 

一体何を擬似しているのか全く不明のこのラバージグも

 

私は実はブラックバスの主食の1つやと思っている。

 

 

 

しかし、昔と同じように

 

冬のヘビーカバーなどに入れれば釣れる

 

というのはもう通用しない時のほうが多い気がする、、

 

 

 

ラバージグの種類

 

一般的に言われているラバージグの種類は

3種類あります。

 

 

まずは

 

アーキー タイプ

 

 

 

ヘッド、重りの部分にガード(ブラシ)がついている事が多く、根がかり回避の高さが特徴。

カバーやストラクチャーをタイトに攻める事が可能!!

 

フッキングは思いっきりあわせないとガードがあるからかかりにくい。

 

 

 

フットボール タイプ

 

フットボールのような形状のヘッドのジグ。

基本的にはガード(ブラシ)は無いものが多いのでフッキングしやすいが、根がかりには注意。

 

 

フラットエリアや

中層のスイミングで使うことが多いのだが、私はオカッパリではほぼ使うことがない。

 

 

 

スモール タイプ (スモラバ)

 

 

村上晴彦氏が作った常吉のハンハンジグはもはや伝説のスモラバ。

 

 

現在は一誠でビビビショットなどを開発

 

私のスモラバ人生は村上晴彦さんの手がける物と進んでいる

 

 

スモラバはプレッシャーの高いポイントで使いたい所。

初心者にも使いやすいラバージグです。

 

 



ラバージグのトレーラー

 

基本的にフルサイズのラバージグは単体では使うことは無いと考えておいてよいでしょう。

 

ワームやポークといったトレーラーをつけて使用する。

※スモラバは単体でもOKな時が多いよ!!

 

 

ここでは皆が悩むであろうトレーラーを紹介していく。

 

 

 

 

 

が、トレーラーって結果なんでも良くないか?と思いながら、

 

 

やはり今までの経験上、一番釣果が安定している事もあり

基本はクロー系のワームになってしまう。

 

 

 

 

キッカーバグ

 

 

 

ドライブクロー

 

 

 

エスケープツイン

 

 

 

ノリーズのエスケープツインはタクミ漬けにするのも有名!!

 

チャレンジしてみよう

⇒「タクミ漬け」知ってる?美味しいワームの作り方!!

 

ラバージグトレーラーの付け方

 

あらかじめフックの通す場所をワームに合わせてイメージを決めておき、

しっかりとまっすぐつければそれだけでOKですよ!!

 

 

 

ラバージグ 神のアクションとは

 

神のアクションとは?

 

これは打つというより巻きの使い方になりますが。

 

人気の

 

PDアンモセッティング

 

スイミングジグですね

 

 

こちらは秦拓馬さんの解説を見ながら神のアクションをあなたもセットして

ビッグを仕留めにいこう!!

 

 

 

 

 

冬のバス釣りは防寒もしっかりしていこう

⇒バス釣りファッション冬もオシャレに防寒を!!

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

応援宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓


バス釣りランキング

人気記事
Dailyランキング
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ