バス釣りキャストの種類

 

今回はバス釣りにおいて非常に重要になるキャストの種類を見ていこうと思います。

 

単に「ルアーを投げる」

 

といった行為でも

 

 

場所に応じて様々なキャストの方法を使い分ける必要があるわけですね。

 

 

これを覚えていけばさらにバスの居場所へとルアーを送り込むことが出来ますので、

 

釣果アップにつながります。

 

 

 

それではバス釣りキャストの種類を見ていきましょう!!

 

 

 

 

 

バス釣りのキャスト キャストの種類

 

キャストの種類を覚えて、ポイントにあわせて使い分けよう。

 

 

参考になる動画をみて、イメージをすることも上達につながる練習。

 

 

 

イメージトレーニングですね。

 

 

 

オーバーヘッドキャスト

 

一番最初に覚えたい

キャストの基本型となります。

 

 

 

 

オーバーヘッドキャストの特徴は

 

・コントロールをつけやすい

 

・スムーズに投げれる

 

・飛距離を出しやすい

 

 

 

 

サイドハンドキャスト

 

オーバーヘッドキャストの応用になります。

 

ロッドを横に振りルアーを投げるだけで基本は同じです。

 

 

 

慣れるまでコントロールはつけにくいですが、

 

マスターして桟橋の下や、カバー、障害物の下を狙ってみよう!!

 

 

 

 

 

サイドキャストの特徴は

 

・低い弾道でルアーを飛ばせる

 

・風の影響を受けにくい

 

 

 

バックハンドキャスト

 

サイドハンドキャストの手の振り位置を反対にしたキャストです。

 

腕を使うのではなく、手首の返しとスナップを上手く使ってキャストしよう。

 

 

 

サイドハンド側や頭上に障害物があってもキャストできる様になるのでマスターしたいですね。

 

 

 

 

 

特徴はサイドハンドキャスト同様に

 

・低い弾道でルアーを飛ばせる

 

・風の影響を受けにくい

 

ピッチング

 

 

ルアーを手に持ち振り子の要領でルアーを投げるキャスト方法

手首の返しとロッドのしなりを活かそう。

 

 

障害物の奥までルアーを投げ込みたいときに使ってみよう!

 

 

 

 

 

ピッチングの特徴は

 

・コントロールをつけやすい

 

・着水を静かに落とせる

 

 

 

 

フリッピング

 

ラインをロッドと逆の手で掴み出し、振り子のようにルアーをン上げるキャスト方法。一見難しそうに感じるがこつさえ掴めば大丈夫!!

 

 

 

飛距離は出ないのでボートなどでポイントに近寄れるときに多用する。

 

 

 

 

 

フリッピングの特徴

 

・ピッチングよりもコントロール抜群

 

・着水もさらに静かに落とすことが出来る

 

 

 

 




 

 

ボーアンドアロー

 

ルアーを手に持ちロッドを絞り込んでしなりの反発を利用し弓矢のようにルアーを飛ばすキャスト方法。

 

 

あまり普段から使うキャストでは無いがキャストスペースが無いときにでもルアーを投げれるので覚えておこう。

 

 

 

 

 

特徴は

 

・スペースの無い特殊な状況に対応できる

 

スキッピング

 

ルアーを水面で水切りのように跳ねさせて飛ばすキャスト方法。

慣れればマスター可能です!!

 

 

さらに障害物の下にルアーを送ることが出来るうえにブラックバスへのアピールも!!

 

 

 

 

特徴

 

・障害物の奥、さらにその奥まで飛ばせる

 

・ブラックバスへのアピールも可能

 

 

バス釣りキャストの種類 まとめ

 

キャストの種類、いかがでしたでしょうか?

 

 

場所やポイント、使うルアーやリグに応じてキャスティングの種類を変えて釣果を上げて行きましょう!!

 

 

 

キャスティングの上達方法は

 

 

 

 

 

練習あるのみ!!

 

 

 

です。

 

 

さらにあなたのバス釣りスキルを磨いてどんどんブラックバスを釣っていきましょう!!

 

⇒バス釣りキャストのコツをつかもう!!

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

応援宜しくお願いしますm(_ _)m
↓↓↓


バス釣りランキング

人気記事
Dailyランキング
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ